不安や緊張なくインプラント治療を(静脈内鎮静療法)

不安や緊張なくインプラント治療を受けて頂くために
(静脈内鎮静療法)

充実した設備・機器と手術チームで構成した充実したバックアップ体制

初めてインプラントの治療を受けられる方は
手術の怖さ、痛みを想像し、不安になる方も多いかと思います。

精神的な面だけでなく、身体が過度に緊張した状態というのは、麻酔が効きにくくなることもあります。

神戸インプラントオフィスでは、出来る限りリラックスした状態でインプラントの治療を受けて頂けるように、局所麻酔に加えて、麻酔科の医師による管理のもと、静脈内鎮静療法を取り入れております。

静脈内鎮静療法とは

痛みのないインプラント手術の実践

静脈内鎮静療法とは、鎮静薬や麻酔薬を点滴から静脈内に取り入れ、精神的に安静な状態に導く方法です。
インプラントの手術中は眠っている状態や眠っているようなウトウトした傾眠状態になりますので、術中の不安や恐怖心を感じることなく、いつの間にかインプラントの手術が終わっているという感覚で痛みを感じることはありません。

静脈内鎮静療法は非常に安全性の高い麻酔法です。
事前の問診や検査で安全を確認したのち、麻酔科の医師が脈拍など管理の上、手術を行います。

局所麻酔・全身麻酔との違い

局所麻酔・全身麻酔との違い

インプラントの手術は、あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入していきます。
その手術箇所に痛みを感じないように、局所麻酔を施します。
局所麻酔の効果で痛みは感じませんが、穴を開けたりインプラントを埋入する際には、削る音や振動を感じてしまいます。

局所麻酔に加えて、静脈内鎮静療法を行うことで、そのような手術中の嫌な感覚、怖さも感じることなく、インプラントの手術を受けることができます。
全身麻酔は意識のない状態になり、回復の時間もかかります。

静脈内鎮静療法は、手術中の不安から解放される 適度な入眠状態に誘う方法で、回復時間も早いです。身体に負担の少ない、インプラント手術には適した麻酔法と言えるでしょう。

静脈内鎮静療法のメリット

インプラントの手術時間は 本数や口腔内の状況により長時間に及ぶこともあります。
その間 意識のある状態で緊張をして 怖い思いをし続けるのは 精神的だけではなく身体的にも大きな負担になります。

身体の力を抜いてリラックスしてインプラント手術を受けることは とても大切なことになってきます。
目を覚ますとインプラント手術が完了しているということは 手術時間の長さも感じないという利点にもなります。

静脈内鎮静療法の流れ

01. 食事制限

静脈内鎮静療法を受けられる3時間前よりお食事は控えていただきます。


02. 身体状態確認

当日 麻酔医より問診を行い 身体の状態の最終確認を行います。


03. 点滴

鎮静薬や麻酔薬を入れた点滴を体内に入れていきます。
いつの間にか ゆっくりと心地よく眠くなっていきます。


04. 身体の状態を管理

インプラントの手術中は 麻酔医がモニターで身体の状態を管理します。


05. 安静期間

多くの方が眠りから覚めたころには インプラント手術を終えております。
リカバリー時間が短いのが特長ですが 少しの時間安静にしていただき 落ち着かれたら帰宅していただきます。

充実した設備・機器と手術チームで構成した充実したバックアップ体制

インプラント治療でできること

インプラントは非常にメリットのある治療法ですが、そのインプラントの手術を受けることは、精神的にも身体的にもとても苦痛を伴うとなると、インプラントした歯を思うたびに痛みの嫌な記憶がよみがえり、次またインプラントの治療を受けようという気にはなれないかもしれません。

患者様から不安を取り除いてインプラント治療に臨んでいただくこと、術中に痛みから解放されること、終わってからも嫌な記憶が残らないことは、とても大切なことであると考えます。

神戸インプラントオフィスでは、精神的な面でも皆様に寄り添えるよう万全の治療体制を整えております。

静脈内鎮静療法について よくあるご質問

静脈内鎮静療法と全身麻酔の違いは?
静脈内鎮静療法は大きな声で話しかけたり、身体を動かしたりすると、反応できるくらいの意識がある状態の麻酔です。
対して、全身麻酔は意識が完全に無い状態で、目を覚ますことはありません。
その為、人工的な呼吸管理を必要とし、麻酔の切れた術後も回復の時間を要します。
ともに、インプラント手術時の痛くない治療を目的とした療法ですが、全身麻酔が除痛・無痛に対して、静脈内鎮静療法は和痛という概念です。
静脈内鎮静療法は不安や緊張から解放され、術後の回復も早い、インプラント手術に適した強度の麻酔療法です。
静脈内鎮静療法を行えば、局所麻酔は必要ないですか?
痛みを感じない手術のためには局所麻酔との併用が必要です。
インプラントの手術はあごの骨に穴を開け、インプラントを埋入しますので、その箇所に局所麻酔を施します。局所麻酔により手術中の痛みを感じませんが、静脈内鎮静療法により、ウトウトした浅い眠りに入り、気づいた時には、インプラント手術が完了しているでしょう。
局所麻酔は痛み、静脈内鎮静療法は不安・恐怖・緊張からの解放と役割があります。
静脈内鎮静療法のリスクは?
静脈内鎮静療法は安全性の高い方法ですが、まれに呼吸や血圧に影響を及ぼします。
その為、鎮静方法に精通した医師の立ち会いが重要です。
また、万が一、処置が必要な状態の際に、十分な設備が必要です。
インプラントの手術前に、麻酔科医の立ち会いと、呼吸や血圧の管理がなされている、手術時の設備があるかを確認されると良いでしょう。