インプラント治療の流れ

神戸インプラントオフィスでは、術前に十分な時間を確保し、執刀医より説明させていただき、インプラント治療全体像をご理解いただいた上で インプラント治療を受けていただくように心掛けております。

 

 

 

 

 

初診カウンセリング

患者様の不安なことやご希望などを十分な時間を取り、お話を伺います。病歴や健康状態の問診、インプラント治療の説明、これから行う検査内容の説明なども行います。

初診カウンセリング

CT撮影

CT撮影を行います。最新鋭の機器を導入しており、細部まで詳細な撮影が可能で、精密な診査を行えます。

CT撮影

治療計画の提案

検査結果を説明し、データを根拠に、最適かつ安全な治療方法を提案させていただきます。治療方法が決定したら、これからの治療計画をわかりやすく説明させていただきます。

治療計画の提案

治療開始

01. インプラント埋入手術 (1次手術)

歯の土台となるインプラントを顎の骨に埋め込みます。局所麻酔を行いますので痛みはほぼ感じません。手術時間は1~3時間。入院せず帰宅でき翌日から通常の生活を送れます。縫合した糸は1週間ほどで抜糸します。

インプラント埋入手術 (1次手術)

02. 定着期間 (治癒期間)

インプラントが顎の骨としっかり結合するよう定着期間を設けます。インプラント埋入部位、骨の質などで個人差がありますが、通常は2~6ヶ月程度です。

定着期間 (治癒期間)

03. アバットメント[支台]の装着 (2次手術)

埋め込んだインプラントが定着したら、アバットメントを装着し、インプラントと連結します。

アバットメント[支台]の装着 (2次手術)

04. 人工歯の装着

お口の中全体を型採りして作製された被せ物をアバットメントの上に装着して完了です。

人工歯の装着

 

 

インプラント治療後のアフターフォロー・メンテナンスについて

インプラントは、術後のメンテナンスがとても重要です。継続したメンテナンスを行うことで、10年以上維持出来るといわれています。
しかし、メンテナンス次第では、インプラントにトラブルが起こることがあります。

 

最も気をつけなければならないのは歯周病です。歯周病になるとインプラントを埋め込んだ土台の骨が溶けてしまうため、安定しなくなってしまうからです。

そのため、インプラントの治療を受けられるのであれば、インプラントの土台となる部位の環境を整えることが必要で、まずは歯周病の治療から始めます。
そして、術後もしっかりとメンテナンスをすることで、インプラントの寿命を伸ばすことが可能になります。

 

また、セルフケアだけでは、完全に取り切れないプラークが歯茎に入りこみ、歯周病などのトラブルを起こす可能性があります。
セルフケアも大切ですが、必ず定期的なメンテナンスをお受けください。

 

[インプラント治療後のアフターフォロー・メンテナンスについて詳しくはこちら ▶]